最新情報特集を読む 最新情報イベントを探す 最新情報スポットを探す

ふじみ野市立福岡河岸記念館

フジミノシリツフクオカカシキネンカン

  • ふじみ野市立福岡河岸記念館
  • ふじみ野市立福岡河岸記念館
  • ふじみ野市立福岡河岸記念館
  • ふじみ野市立福岡河岸記念館
  • ふじみ野市立福岡河岸記念館
  • ふじみ野市立福岡河岸記念館
  • ふじみ野市立福岡河岸記念館

明治時代の船問屋の様子を伝える貴重な文化遺産

新河岸川舟運で栄えた福岡河岸

新河岸川舟運で栄えた福岡河岸

「ふじみ野市立福岡河岸記念館」は、かつて「新河岸川舟運」で栄えた「福岡河岸」の回漕問屋(船問屋)のひとつ「福田屋(星野家)」の建築物を保存・公開しているもので、明治時代初期から中期ごろの船問屋の様子を再現し、1996年に公開されました。これらの建物は往時の様子を伝える貴重な文化遺産として、市の文化財(平成元年)や県の景観重要建造物(平成23年)に指定されています。

ふじみ野市の東側を流れる新河岸川は、江戸時代中期から昭和初期まで川越と江戸を往来するために利用され、多くの船が行き交い、川の沿岸には約20ヵ所の河岸場(船着場)が設けられていました。

「福岡河岸」もそのひとつで、江戸時代後期から明治時代中期にかけて舟運によって栄えたこの地には、「福田屋」のほかに「吉野屋」と「江戸屋」の3軒の回漕問屋があり、仲買商を兼ねながら営業していました。航行した船は全長15メートル前後で、浅草花川戸(下り)の荷物には、大麦・小麦・大豆・小豆・木材・薪・農産物などで、福岡河岸(上り)の荷物は、肥料・酒・油・砂糖・塩・乾物・瀬戸物などが運搬されていました。舟運は、江戸時代末期から1887年頃まで最盛期を迎えていましたが、1893年の川越鉄道(現在の西武新宿線)の開通によって衰退に向かい、明治末期には、福田屋・江戸屋は回漕業を廃業。1914に東上鉄道(現在の東武東上線)が開通したことで決定的な打撃を受け、さらに1921年に着工された河川の改修工事により、川の流れが大きく変わり、最後まで営業していた吉野屋も大正末期には廃業に追い込まれました。1931年の通船停止令により約300年続いた舟運の時代は幕を閉じました。

明治期の船問屋の様子や建物を公開

明治期の船問屋の様子や建物を公開

「回漕問屋福田屋」は、江戸時代後期の1831年 (天保2年) に第7代当主・星野仙蔵氏が福岡河岸の問屋株を借りて回漕業を開業し、最盛期には、荒物・醤油・酒・塩の小売商、製茶も始めました。川越鉄道が開通した際は、鉄道輸送をいち早く取り入れ、商売の幅を広げていきましたが、一方で回漕業は縮小し、明治末期にはやめることになりました。

福田屋には、明治時代中期に10数棟の建物が建てられていましたが、現在では、主屋と台所棟、離れ、文庫蔵が残されています。明治時代初期に建てられた主屋は、木造2階建で、帳場や金庫室、箱階段など回漕問屋の様子を伝えています。2階は居住空間として使われ、屋根裏には雇用人が寝起きする4畳の「女部屋」があります(非公開)。隣接する台所は、明治時代初期の建物を明治30年代に増改築したもので、土かまどや囲炉裏、流しを復元。2階には番頭や雇用人が寝起きする12畳の「男部屋」があります(非公開)。

明治33年頃に建てられた木造3階建の離れは、3階までの通し柱が 6本使われた建物で、衆議院議員や剣道家としても名を成した第10代当主・星野仙蔵氏が接客用に建てたものだといわれています。通常は1階のみ公開していますが、「特別公開日」には2階・3階も見学できます。1897年代に建てられた文庫蔵は、大福帳や勘定帳などの書類、年中行事・冠婚葬祭用の食器類などが収納されていた場所で、現在は展示室として利用されています。常設展示では、回漕問屋のなりわいや、10代目・星野仙蔵氏関連の使用品、剣道関係の資料などを公開しています。また、入口のミニ展示コーナーでも季節展示が行われます。

県内でもめずらしい明治期の船問屋の様子や暮らしがわかり、貴重な建築物や展示品が見学できるだけでなく、「新河岸川舟運」の歴史についても学べる施設です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
名称 ふじみ野市立福岡河岸記念館
所在地 埼玉県ふじみ野市福岡3-4-2 [地図]
営業時間 10:00 ~ 16:30
定休日 冬期は閉館時間を30分繰り上げて、16時閉館となります。
詳しくはお問い合わせください。
連絡先 上福岡歴史民俗資料館 管理係 (049-269-4859)
料金 有料
入館料
一般・学生: 100円 (団体80円)
児童・生徒: 50円 (団体40円)
※団体は20名以上
ホームページ
アクセス方法
(その他)
東武東上線「上福岡駅」東口から徒歩20分。または西武バス南古谷駅行「城北埼玉中学・高等学校」下車徒歩3分。
アクセス方法
(自動車)
富士見川越バイパス(国道254号バイパス)の「木野目」交差点から南下。県道並木川崎線をふじみ野市役所方面へ。「川崎」交差点を左折。
駐車場 駐車不可

このスポットへのアクセス

Access map