最新情報特集を読む 最新情報イベントを探す 最新情報スポットを探す

鴻巣のひなまつり

コウノスノヒナマツリ

  • 鴻巣のひなまつり
  • 鴻巣のひなまつり
  • 鴻巣のひなまつり
  • 鴻巣のひなまつり
  • 鴻巣のひなまつり
  • 鴻巣のひなまつり
  • 鴻巣のひなまつり
  • 鴻巣のひなまつり

ひな人形と花のまち鴻巣

中山道鴻巣宿として栄えた鴻巣市
鴻巣市観光協会

中山道鴻巣宿として栄えた鴻巣市

徳川家康の鷹狩りの休泊施設として「鴻巣御殿」が築かれ、発展していた中山道鴻巣宿。この地で人形作りが始まったのは、江戸時代初期の頃でした。そして、江戸中頃には「関東三大雛市」のひとつに数えられ、関東一の着付けと称賛されるほどでした。それは、現在でも全国で有数な人形の産地として知られています。近年では、日本一高いピラミッドひな壇として話題を呼び、華やかで大迫力のひな壇が訪れた人たちの目を奪います。また、鴻巣市産業観光館「ひなの里」では、1年を通して「鴻巣びな」にふれあえて、鴻巣の産業や特産品にも出会える楽しい施設です。観光の活動拠点としてめぐり歩いてみるのもいいかもしれませんね。

歴史と伝統を誇る「鴻巣びな」は、関東一の着付け
鴻巣市観光協会

歴史と伝統を誇る「鴻巣びな」は、関東一の着付け

鴻巣の人形作りは、江戸時代初期、日光東照宮の大規模な造替に携わった京都の人形師が、鴻巣に移り住んだことが始まりとされています。鴻巣周辺には、人形作りに必要な桐や稲わらが揃っていたことから盛んになり、江戸時代中頃には「関東三大雛市」のひとつに数えられていました。特に「鴻巣びな」の着物の着付けは関東一と大評判になり、江戸の職人たちは競って修行に訪れるほどでした。明治時代にはさらに繁栄し、人形業者は31軒、職人は300人という記録が残されています。現在も伝統の技術を受け継ぎ良質な「鴻巣びな」が製作されています。また、獅子頭やだるま、熊金、天神などの「赤物」は、鴻巣で作られている伝統玩具で、ひな人形とほぼ同じ技法で作られています。この「鴻巣の赤物製作技術」は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

日本一高いピラミッドひな壇「鴻巣びっくりひな祭り」
鴻巣市観光協会

日本一高いピラミッドひな壇「鴻巣びっくりひな祭り」

毎年、桃の節句の時期に開催される「鴻巣びっくりひな祭り」(鴻巣市観光協会主催・実行委員会主管)は、高さ日本一のピラミッドひな壇をはじめ、市内の各会場に飾られたひな人形が楽しめるビッグイベントで、今年で12回目を迎えました。

メイン会場となる鴻巣駅東口直結のショッピングモール「エルミこうのす」では、日本一高いピラミッドひな壇(高さ7メートル・31段)が展示(3月6日まで)されるほか、「コスモスアリーナふきあげ」(鴻巣市明用636-1)では、八角すい型ひな壇(3メートル・13段/3月6日まで)、「ひなの里」(鴻巣市人形1-4-20)では、大びな&鴻巣歴史びな特別展(3月13日まで)、「パンジーハウス」(鴻巣市寺谷165-3)では、三面ピラミッド型ひな壇(3.6メートル・17段)&花に彩られた等身大ひな人形(3月13日まで)、「花久の里」(鴻巣市関新田343)では、六角すい型ひな壇(4メートル・17段)&つるし雛(3月7日まで)など、各会場で趣向を凝らしたひな飾りが楽しめます。また、「中山道まちかどひなめぐり」も開催され、公共施設や商店などにひな人形が展示されます。

※2016年における予定です。

鴻巣市産業観光館「ひなの里」は、鴻巣市の伝統工芸品や産業、特産品の紹介をはじめ、市内の観光案内など行う施設として、平成24年に開館しました。産業歴史展示コーナーには、「鴻巣びな」や「鴻巣の赤物」などの伝統工芸品を常設展示。享保雛(きょうほびな)や古今雛(こきんびな)など、さまざまな時代のひな人形を年表に沿ってわかりやすく展示しているほか、ぶら人形や裃(かみしも)雛など時代を象徴する人形も見ることができます。

観光情報の発信拠点「鴻巣市産業観光館・ひなの里」
鴻巣市観光協会

観光情報の発信拠点「鴻巣市産業観光館・ひなの里」

観光物産コーナーでは、ご当地グルメの「こうのす川幅グルメ」などを販売。鴻巣市と吉見町の間を流れる荒川の川幅が、日本最長の2537メートルであることから平成21年に「川幅うどん」が誕生し、それ以来、続々とさまざまな商品が生まれています。平成27年には、埼玉B級ご当地グルメ王決定戦で「川幅うどん」が悲願の初優勝を果たしました。そんな「川幅グルメ」は、「ひなの里」で購入できるほか、市内の店舗で味わうこともできます。

隣接する蔵は、明治時代に建てられたもので(東蔵・明治31年、西蔵・明治43年、座敷・明治37年)、平成25年に埼玉県の景観重要建造物に指定されています。「鴻巣びっくりひな祭り」期間中は、特別展が開催され、蔵の内外で多数のひな人形が展示されます。また、西蔵で公開される「壱番親王と三人官女」と「等身大享保雛」は見ごたえ十分です。中庭には季節の花々で彩られ、華やかなひな祭りをより演出しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
名称 鴻巣のひなまつり
所在地 埼玉県鴻巣市人形1-4-20
鴻巣市産業観光館 [地図]
営業時間 9:00 ~ 17:00
定休日 休館日: 毎週水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
連絡先 鴻巣市観光協会 (048-544-1730)
料金 無料
0
ホームページ
アクセス方法
(その他)
JR高崎線「鴻巣駅」東口から徒歩15分。または、鴻巣市循環バス「フラワー号」で、北本駅東口行・人形町経由「元市町」下車すぐ。
アクセス方法
(自動車)
県道さいたま桶川鴻巣線・本町(南)交差点そば。
駐車場 駐車不可

このスポットへのアクセス

Access map