最新情報特集を読む 最新情報イベントを探す 最新情報スポットを探す

三十槌の氷柱

ミソツチノツララ

  • 三十槌の氷柱
  • 三十槌の氷柱
  • 三十槌の氷柱
  • 三十槌の氷柱
  • 三十槌の氷柱

秩父の四季をイメージしたライトアップは、真冬のエンタメ!

天然の氷柱が見られるなんて素敵!
一般社団法人秩父観光協会大滝支部

天然の氷柱が見られるなんて素敵!

奥秩父・大滝の荒川上流部にある、秩父で最も有名な氷柱スポットが三十槌の氷柱です。切り立つ岩肌からしみでる湧水が寒さによって幾重にも氷柱状になった氷の芸術で、他の氷柱スポットと違い自然の力で出来上がった天然の氷柱に感動です。

手前に見える氷柱が自然に出来た貴重な氷柱で、幅30メートル、高さ8メートル。上流に人工的に創った氷柱が、幅55メートル、高さ25メートルと、ひとまわり大きなサイズ。観察するには、荒川河川敷に降りることになりますが、河川敷は凍結しているので、足元は滑らないように細心の注意が必要です。また、足元が不安な方は、すぐそばにあるウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場の駐車場に設置されたウッドデッキサイトから眺めることも可能です。昔はこの場所にたどりつくまでの道はなく、けものみちをかき分けるように進み、ようやく見る事が出来たという地元の人だけが知るマル秘スポットだったようです。その後、多くの人にこの感動を共有してもらおうと、地元の人たちが付近を整備し、ライトアップも開始。

36パターンの光と氷の競演は絶対に見たい!
一般社団法人秩父観光協会大滝支部

36パターンの光と氷の競演は絶対に見たい!

2016年のライトアップは1月16日 (土) から2月14日 (日) まで、毎夜行われています。そして、何よりも凄いのが、2015年から内容が一新され、秩父の四季をイメージした36パターンものライトアップが楽しめること。春は羊山の芝桜をイメージしたピンクのライトが、夏は奥秩父の自然をイメージさせるグリーンのライト、そして、秋は中津川渓谷の紅葉をイメージしたレッドのライトで、冬は三十槌の氷柱をイメージしたホワイトのライトが氷の芸術を引き立てます。

週末は渋滞覚悟の超人気スポット
一般社団法人秩父観光協会大滝支部

週末は渋滞覚悟の超人気スポット

今や週末ともなると、県内外からマイカーで訪れる観光客の皆さんで昼頃から混雑が始まり、道路の渋滞も発生するようです。ライトアップが始まる頃になると、近くにある2つの民間駐車場 (約100台) が満車になるほどの人気ぶりだそうですから、遅い時間の到着は避けた方が良さそうです。

例年の見頃は1月中旬頃からになりますが、2016年は1月下旬頃になりそうです。入場料はありませんが、駐車場は普通車500円が必要です。また、見頃の時期にあわせて、1月9日 (土) から2月21日 (日) まで、この場所で大滝氷まつりが開催されます。毎年違う表情を見せるという三十槌の氷柱。2016年はどんな表情を見せてくれるのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
名称 三十槌の氷柱
所在地 埼玉県秩父市大滝4066 [地図]
営業時間
定休日 2016年の三十槌の氷柱は2月28日で終了予定です。
来年の開催予定についてはお問い合わせください。
連絡先 一般社団法人秩父観光協会大滝支部 (0494-55-0707)
料金 無料
ホームページ
アクセス方法
(その他)
秩父鉄道秩父本線「三峰口駅」から西武観光バスで秩父湖行で50分、三十場下車徒歩10分。
アクセス方法
(自動車)
関越道・花園ICから国道140号で 50㎞。秩父市内から国道140号線をそのまま山梨方面に走り35分。
駐車場 駐車可: 100台
民間有料駐車場(※氷柱見学場所)

料金普通車500円

※お願い

私有地をお借りして、みなさまにご見学いただいております。ルールを守ってご見学ください。

このスポットへのアクセス

Access map