最新情報特集を読む 最新情報イベントを探す 最新情報スポットを探す

鉄道博物館

テツドウハクブツカン

  • 鉄道博物館
  • 鉄道博物館
  • 鉄道博物館
  • 鉄道博物館
  • 鉄道博物館

子どもも大人も楽しめる鉄道博物館

往年の列車で日本の鉄道を学ぶ

往年の列車で日本の鉄道を学ぶ

1階・2階の「ヒストリーゾーン」は、メイン展示のひとつで、日本の鉄道がスタートした明治時代初期から現代までの鉄道技術や鉄道システムの変遷・歴史をそれぞれの時期・テーマごとに紹介しています。各エリアではその時代を物語る車両を展示。プラットホームの上から車両を見たり、車内に入ることもできます。中央に位置する転車台では、「回転実演と汽笛吹鳴」が行われ、展示車両の紹介や様々なエピソードが楽しめます(12時・15時/各回10分)。2階西側の全長75mにおよぶ「鉄道歴史年表」は、日本の鉄道創業期から現代までの鉄道のあゆみや出来事を紹介。貴重な資料や実物、車両模型・駅舎模型などが展示されています。また、2階から眺める展示車両は圧巻です。

鉄道で働く人たちを知る

鉄道で働く人たちを知る

1階~3階の「ラーニングゾーン」は、模型やシミュレーションなどを活用して、鉄道を深く理解できる展示内容になっています。1階の「ラボラトリー展示」では、駅・車両工場・デザイン室で体験学習ができるワークショップ型の展示。2階・3階の「原理・しくみ展示」では、軌道と信号保安システムに関するものや動力・車両について展示されています。また、屋上には「パノラマデッキ」があり、屋上展望スペースになっています。

「エントランスゾーン」は、複数の施設で構成され、1階には「シミュレータホール」、2階には「模型鉄道ジオラマ」があります。本物さながらの擬似運転ができるアトラクション「シミュレータ」には、国内初の本格的なSL運転シミュレータ「D51形式蒸気機関車」をはじめ、「205系電車(山形線)」、「209系電車(京浜東北線)」、「211系電車(高崎線)」、「200系新幹線電車」の計5台のシミュレータが設置されています(D51のみ有料・整理券/1回500円・税込)。風景や建物などを精密な模型で再現した世界の中を模型鉄道が縦横無尽に走りまわる「模型鉄道ジオラマ」は、鉄道をテーマとしたHOゲージのジオラマとしては国内最大級の大きさで、ライブショーも行われています。

2階の「コレクションゾーン」は、企画展やイベントを開催する「スペシャルギャラリー」のほか、収蔵資料の一部が観覧できる「コレクションギャラリー」、図書資料を収蔵・一部閲覧できる「ライブラリー」(土・日・祝日の10時~17時)、シミュレータで電車を模擬運転しながら鉄道の運転と安全のしくみを学ぶ「運転士体験教室」(有料・予約制/1回500円・税込)があり、「スペシャルギャラリー」では、期間限定で企画展などが開催されています。

屋外の「パークゾーン」には、「ミニ運転列車」があり、芝生と木々を配したコースの中を自分で列車を運転することができます。線路の総延長は 1周 300mで、線路幅 550mm。車両は「スーパービュー踊り子」、「成田エクスプレス」、「あずさ」、「高崎線」などで、いずれもJR東日本で活躍中の電車をデフォルメした車両で、運転手気分になれそうですね(有料・整理券 1台200円・税込)。また、「ミニシャトル」は、「博物館中央駅」から「博物館北駅」までのおよそ 230m の線路上を往復するミニ列車で、車両は E2 系「はやて」をモデルにしています(無料)。

北側別棟の「ノースウイング」は、鉄道博物館が収蔵する映像・ビデオなどを上映するための「鉄博ホール」や、鉄道に関する絵本や外国語版の鉄道図書を実際に使用されていた鉄道車両の座席で本が読める「てっぱく図書室」があります(開室時間 10時~16時30分)。また、南側の「てっぱくひろば」には、E5 系スライダーや京浜東北線ジャングルジムなど、お子さま向けのオリジナル遊具が設置されています。晴れの日には、芝生でお弁当も食べられる楽しい広場です。

楽しく学べて、楽しく体験できて、観て楽しめる魅力あふれる施設がいっぱいで、「鉄道」を身近に感じることができますね。家族や友だちと1日中楽しめそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
名称 鉄道博物館
所在地 埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47 [地図]
営業時間 10:00 ~ 18:00
定休日 休館日: 毎週火曜日、年末年始
連絡先 鉄道博物館 (048-651-0088)
料金 有料
1
ホームページ
アクセス方法
(その他)
JR大宮駅よりニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」下車、徒歩1分。
アクセス方法
(自動車)
最寄りの高速道路 IC は次の通りです。

首都高速埼玉新都心線「新都心西出入口」より約 4km

首都高速埼玉大宮線「与野出入口」より約 5km

東北道「岩槻IC」より約 9km

関越道「川越IC」より約 18km



また現地へは国道17号線 (中山道) に入り「大成三丁目」交差点を米菓店が右手に見えるように曲がり、直進。高架手前の「鉄道博物館 (大成) 駅」交差点を左折すると、右手に鉄道博物館 (大成) 駅、その先に鉄道博物館と専用駐車場があります。
駐車場 駐車可: 100台
博物館周辺に複数の駐車場があります。詳しくは公式WEBサイトでご確認ください。

このスポットへのアクセス

Access map