最新情報特集を読む 最新情報イベントを探す 最新情報スポットを探す

埼玉鉄道 SLパレオエクスプレス

チチブテツドウエスエルパレオエクスプレス

  • 埼玉鉄道 SLパレオエクスプレス
  • 埼玉鉄道 SLパレオエクスプレス
  • 埼玉鉄道 SLパレオエクスプレス
  • 埼玉鉄道 SLパレオエクスプレス
  • 埼玉鉄道 SLパレオエクスプレス

秩父路を蒸気機関車で満喫する

国内唯一の C58型蒸気機関車「パレオエクスプレス」
秩父鉄道株式会社

国内唯一の C58型蒸気機関車「パレオエクスプレス」

秩父の大自然の中を疾走する「蒸気機関車・SLパレオエクスプレス (C58363) 」は、始発の熊谷駅(熊谷市)から終点の三峰口駅までの 56.8キロを片道約2時間40分かけてのんびり走ります。

「パレオエクスプレス」の車窓からは秩父路の田園風景や荒川、秩父の山々など、広大な自然が広がり、四季折々の美しい風景が楽しめます。一番の見どころポイントは長瀞の「荒川橋梁」。上長瀞駅と親鼻駅の間にある鉄道橋で、荒川の雄大な大自然はまさに絶景です。そしてもう一つの見どころは、「転車台(ターンテーブル)」を使った方向転換です。秩父線の終着駅である三峰口駅で熊谷駅に折り返すために行われます。

同車両は1944年に製造された「C58363」は東北地方で活躍した旧国鉄の SL で、1972年まで現役でした。1988年に熊谷市で開催された「さいたま博覧会」を機に車籍を復活させて「パレオエクスプレス」として誕生しました。SL の愛称となった「パレオエクスプレス」は、およそ 2,000万年前に秩父地方で生息していた海獣「パレオパラドキシア」にちなみ、頭の「パレオ」と急行を意味する「エクスプレス」を組み合わせて命名されました。現在も現役で活躍している「C58 (シゴハチ) 型」は、「パレオエクスプレス」ただ 1両のみとなっています。

車窓と車内で「パレオエクスプレス」を堪能
秩父鉄道株式会社

車窓と車内で「パレオエクスプレス」を堪能

パレオエクスプレスは車窓から秩父路を楽しめるだけではなく、車内の演出も楽しめます。車内放送の案内役は秩父市出身の人気落語家「林家たい平」師匠。軽妙な語り口で沿線の見どころを魅力たっぷりに紹介します。

さらに SL 車内限定販売のお弁当「汽車弁・1,000円 (税込)」「SL パレオランチ・800円 (税込)」やオリジナルグッズ「SL パレオエクスプレス・オリジナルチョロQ・1,000円 (税込)」「SLC58くんでGO・1,100円 (税込)」(いずれも SL 車内販売および通信販売、一部 SL 停車駅で取り扱い) の販売もあり、旅の思い出におすすめです。また季節限定の飾り付けやイベントなども行われるので、楽しみも盛り沢山です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
名称 埼玉鉄道 SLパレオエクスプレス
所在地 埼玉県熊谷市筑波2-112 [地図]
営業時間 10:00 ~ 16:20
定休日 掲載している運行時間は2016年の始発と終癪時刻です。
SLパレオエクスプレスの運行については毎年変更がありますので、詳細は秩父鉄道 SL係り (048-523-3317 9:00~17:00) 若しくはWEBサイト (http://www.chichibu-railway.co.jp/) で確認してください。
連絡先 秩父鉄道 SL係 (048-523-3317)
料金 有料
SLパレオエクスプレス乗車には次のチケットが必要になります。

・乗車する区間の普通乗車券
・SL座席指定券: 720円
・SL整理券: 510円(自由席)

※SL座席指定券とSL整理券は大人・小児ともに同額。
※特別運転日はイベント開催のため、運転区間・運転時刻やチケットの販売方法が異なる。
ホームページ
アクセス方法
(その他)
秩父鉄道秩父本線の熊谷駅もしくは三峰口駅が始発駅となります。
駐車場 駐車不可

このスポットへのアクセス

Access map