最新情報特集を読む 最新情報イベントを探す 最新情報スポットを探す

川越・五百羅漢

カワゴエ・ゴヒャクラカン

  • 川越・五百羅漢
  • 川越・五百羅漢
  • 川越・五百羅漢
  • 川越・五百羅漢
  • 川越・五百羅漢

どれひとつとして同じ表情はありません 川越・五百羅漢

川越観光の超人気「ほっこり」スポット

川越観光の超人気「ほっこり」スポット

川越の人気観光スポットである喜多院にある五百羅漢。日本三大羅漢のひとつにあげられています。ここの羅漢は釈迦の死後、その教えを経典にまとめるための初めての集会(結集)に集まった五百人の弟子の様子を表したものです。

五百羅漢は山門から境内に入った右側の石塀の中にあります。休憩所となりの入口から入場券を渡し一歩中に入ると、見事な石仏群が目に飛び込んできます。制作は川越・北田島の僧・志誠の発願で、天明2年(1782)から文政8年(1825)の50年の歳月をかけて538体の羅漢像を完成させました。天明年間は五百羅漢の信仰が盛んだった時代、五百羅漢造りに着手した志誠でしたが、40体程の羅漢を造ったところで病に冒され、66歳でこの世を去っています。志城の没後、その意志を喜多院の三学僧(慶厳、澄音、祐賢)が継ぎ、浄財や協力を求めて奔走したそうです。どれ一つとして同じ姿はなく、内緒話をしたり、笑っていたり、泣いていたり、怒っていたり、七輪で湯を沸かす羅漢像もあり、いつまで見ていても飽きることのないくらい、変化に富んでいるのが特徴です。しかし、大半の羅漢像には、首の切断痕や腕が失われるなど、破壊された傷跡が残っています。現在は修復されていますが、明治初めに起きた廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)運動によって、全国各地でこのような仏教施設(寺院・仏像など)の破壊が行われたことによる名残なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
名称 川越・五百羅漢
所在地 川越市小仙波町1-20-1 [地図]
営業時間 08:50 ~ 16:30
定休日 3月1日~11月23日 :平日 8時50分~16時30分。、日祝 8時50分~16時50分
11月24日~2月末日 :平日 8時50分~16時。、日祝 8時50分~16時20分
※上記の時間は、開門・閉門終了する時間です。
休み:12月25日~1月8日、2月2日・3日、4月2日~5日、4月下旬・5月上旬(宝物特別展開催日の前後日)、8月16日
※その他、院内行事のある日は拝観を中止することがありますので、お問合せください。
連絡先 喜多院拝観寺務所 (049-222-0859)
料金 有料
拝観料:大人400円 、小人(小・中学生)200円
    団体(20名以上) 大人350円、小人(小・中学生)150円
ホームページ
アクセス方法
(その他)
西武新宿線「本川越駅」から徒歩10分

東武東上線「川越駅」から徒歩20分
アクセス方法
(自動車)
関越自動車道 川越ICより約20分

圏央道 川島ICより約19分

駐車場 駐車可: 133台
明星駐車場営業時間 9:00~16:00 ※左記時間は、開場・閉場する時間です。入車は、閉場時間の30分前までです。 ※本堂参拝は、毎日午後4時閉門となります。 ※1/3は交通規制の為、明星駐車場は休業します。

このスポットへのアクセス

Access map