最新情報特集を読む 最新情報イベントを探す 最新情報スポットを探す

県立近代美術館

ケンリツキンダイビジュツカン

  • 県立近代美術館
  • 県立近代美術館
  • 県立近代美術館
  • 県立近代美術館
  • 県立近代美術館

緑豊かな自然の中で美術鑑賞 埼玉県立近代美術館

国内外の作家による作品を多数展示

国内外の作家による作品を多数展示

北浦和公園の一角に建つ「埼玉県立近代美術館(愛称:MOMAS)」は、グリッド(格子)を基調としたモダンな建物で、建築家の黒川紀章さんの設計によって建築されました。そのデザインは芸術作品そのもので、建築物自体が展示品のひとつように大きな存在感を示しています。この一帯は、昭和46年、埼玉大学の移転跡地に公園が整備され、昭和57年に美術館が建設されました。南側には浦和北公園が隣接し、自然に囲まれた美術館です。同美術館は、開館から30年余りが経ち建物や設備の老朽化にともない、平成25年から約2年にわたり大規模な改修工事が行われ、平成27年4月にリニューアルオープンしました。また、公園の環境整備工事も同時に行われ、自然と建築物が調和し、開放的で明るいイメージの美術館へと生まれ変わりました。

同美術館には、埼玉ゆかりの美術家たちによる現代美術作品を中心に、浦和画家として有名な瑛九、須田剋太、寺内萬治郎などの作品や、モネ、シャガール、ピカソなどの西洋近代の巨匠の作品、日本の現代作家の作品など優れた美術作品を多数収集して「MOMASコレクション」として展示しています。また、ユニークなテーマを設けた企画展も定期的に開催されているほか、芸術に親しんでもらうことを目的としたミュージアム・コンサートや、美術館サポーターが案内する作品ガイド、親子で参加できるワークショップ「MOMASの扉」なども行なっています。

公園内はアートの森、「イスの美術館」としても有名

公園内はアートの森、「イスの美術館」としても有名

特に印象的なのが館内のさまざま場所に配置された「イス」。これらは、グッド・デザインのイスで、約70種類の収蔵品の中から20点~30点を入れ替えながら展示。全国でも珍しいイスのコレクションを展示していることから「イスの美術館」ともいわれています。思わず座ってみたくなるような、楽しいかたちやおしゃれなかたちのイスが訪れた人たちを楽しませてくれます。これらのイスは自由に座ることができるので、座り心地を確かめながら、ゆっくり鑑賞できるのも同美術館の魅力ですね。

併設されたミュージアムショップでは、収蔵作品のポストカードやキャラクターマークをデザインしたバッグ、クリアファイルなどオリジナルグッズも充実。美術関係の和書や洋書、古書なども揃っています。1階には本格的なイタリア料理を味わえる「レストラン・ペペロネ」があり、自家製玉葱パンがおすすめです。

北浦和公園には、国内外の作家によるさまざまな彫刻作品が展示されているほか、音楽に合わせて水が舞い上がる「音楽噴水」も人気のスポットです。芸術の森として美術館と併せて楽しめるのも「埼玉県立近代美術館」ならではですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
名称 県立近代美術館
所在地 さいたま市浦和区常盤9-30-1 [地図]
営業時間 10:00 ~ 17:30
定休日 展示室への入場は17時まで。資料閲覧室(3階)は、13時~17時30分。
休館日:月曜日(祝日または県民の日の場合は開館)、年末年始、メンテナンス日
連絡先 埼玉県立近代美術館 (048-824-0111)
料金 無料
MOMASコレクション/一般200円(団体120円)、大高生100円(団体60円)。※MOMASコレクション年間観覧券/一般1,200円、大高生600円(受付にて販売)。
企画展/企画展ごとに定めます(企画展観覧券をお持ちの方は、MOMASコレクションもご覧になれます)。
団体は20名以上。中学生以下と障害者手帳をお持ちの方(付き添い1名を含む)はいずれも無料です。
ホームページ
アクセス方法
(その他)
JR京浜東北線 北浦和駅西口より徒歩3分
アクセス方法
(自動車)
駐車場はありません。
駐車場 駐車不可

このスポットへのアクセス

Access map