最新情報特集を読む 最新情報イベントを探す 最新情報スポットを探す

岩槻藩遷喬館

イワツキハンセンキョウカン

  • 岩槻藩遷喬館
  • 岩槻藩遷喬館
  • 岩槻藩遷喬館
  • 岩槻藩遷喬館

江戸時代の藩校で当時の学生を感じる

200年以上前に開設された学び舎

200年以上前に開設された学び舎

江戸時代の藩校「岩槻藩遷喬館(せんきょうかん)」は、1799年 (寛政11年) に岩槻藩士で儒学者の児玉南柯(こだまなんか・1746~1830) が、岩槻城の外郭内裏小路に開いた私塾です。1805年 (文化2年) ~ 1811年 (文化8年) ごろに岩槻藩の藩校になりました。最盛期には広大な敷地に南柯の自宅「梅亭」、武芸稽古所、菅原道真を祀る天神社などが設けられていました。

名前の由来は詩経の「出自幽谷 遷于喬木」によるもので、学問を欲して友を求めることを、鳥が明るい場所を探して暗い谷から見晴らしのよい木に飛び移ることにたとえ、ここで学ぶ藩士に高い志を持つことを促したといわれています。

児玉南柯は、甲斐の甲府で生まれ、11歳の時に岩槻藩士・児玉親繁の養子になりました。「南柯」は儒学者としての名で、本名は「琮(そう)」。16歳で儒学を学び、禅の修行なども積みました。18歳になると江戸・神田にある一ツ橋邸に勤めながら、若殿・忠要の素読相手となり、その後は郡奉行や御側用人、御勝手向取締方などを歴任しました。藩務に大きく貢献しましたが、43歳の時に前任者の不正の責任を取るかたちで職を辞め、研究生活を続ける傍ら、藩主の侍読も勤めていたようです。そして、「遷喬館」を開設し、岩槻藩の子弟の教育に情熱を注いでいくのです。

寄贈後は県の史跡に指定

寄贈後は県の史跡に指定

南柯の死後は藩校関係者が寄宿しながら管理し、1869年(明治2年)ごろまで地域の学校として活用されていましたが、明治維新によって廃止され、その後は住居として使用。1939年に県の史跡に指定されています。

1956年に所有者から土地と建物が当時の岩槻市に寄贈され修理されましたが、それから約 50年が経ち建物の老朽化にともない、2003年から約 3年をかけて解体・修理復元工事が行われました。敷地の発掘調査から柱の位置などを特定し、創設当時の姿に復元。壁には漆喰を使い、吹きさらしの玄関や生徒たちの出入り口を設けました。そして、2006年5月に一般公開されました。建物は、木造平屋建てのかやぶき屋根で、当時は学舎(校舎)として使われていました。教場には、15畳と9畳からなる2間続きの部屋が備えられています。江戸時代には全国に多くの藩校がありましたが、県内では当時の姿をとどめる唯一の藩校となっています。

近隣には、「岩槻郷土資料館」があり、「児玉南柯」の関連資料も一部展示されています。江戸時代の藩士気分になって、岩槻の歴史を学んでみてはいかかでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
名称 岩槻藩遷喬館
所在地 埼玉県さいたま市岩槻区本町4-8-9 [地図]
営業時間 9:00 ~ 16:30
定休日 休館日: 毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始
連絡先 岩槻藩遷喬館 (048-757-5110)
料金 無料
ホームページ
アクセス方法
(その他)
東武野田線「岩槻駅」より徒歩7分
駐車場 駐車不可

このスポットへのアクセス

Access map